2009年12月03日

オバマを大統領にした少年 Chris Hughes



写真はオバマ大統領の選挙活動におけるソーシャルメディア担当だった、
Chris Hughes氏。

ご覧の通り若い。
1983年生まれだそうで、大統領選の当時は25歳だった。

彼はアメリカのコンサルティング会社「invesp」が発表した
2008年最も影響力のあるオンライン・マーケッターで堂々の1位になりました。

一体何者!?当然そう思うかもしれない。

実は彼は世界最大のSNSサービス(mixiとか)のFacebookを立ち上げた一人なんだとか。
なるほど。オバマ大統領は確固たる支持母体が無かったのに一般市民から少額募金などを積み重ねて、結局は莫大な資金を集めた。

オンラインのサイト制作からyoutubeなど最新のメディアを活用したバイラル広告まで、
フル活用した結果、オバマ大統領が生まれた。

実際、彼は「オバマを大統領にした子供(KID)」としてメディアに取り上げられている。



オバマ大統領のスピーチライターだった(現在ホワイトハウスの主席スピーチライター)ジョン・ファヴロー氏(Jon Favreau)も当時27歳でしたが、オバマ大統領は若者に支えられ若者に支持されて生まれた大統領なんですね。
 
posted by オバマ大統領 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。