2009年09月03日

オバマ大統領と鳩山次期首相の電話会談

アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領は本日日本時間11時30分頃から民主党の鳩山次期内閣総理大臣と電話会談をしました。

電話会談は約10分と短いものでしたが、新政権の発足後、日米同盟を基軸とし、気候変動や核廃絶、経済対策などの問題で協力していくことで一致したそうです。

バラク・オバマ大統領は会談の中で、「海の両側で民主党が勝利した」と述べ、自らの大統領選勝利とともに衆院選での民主党の圧勝に祝意を示し、

それに対して鳩山次期内閣総理大臣は「民主党の勝利はオバマ大統領のおかげだ。日本では初めて民主的な手続きで政権交代が行われた。大統領が日本国民にチェンジの勇気を与えてくれた」と応じたそうです。


鳩山代表に対し、一部のメディアで反米主義なのでは?との憶測が飛んでいましたが、電話会談は友好的な内容に終始したようです。


鳩山次期内閣総理大臣は今月16日に首相指名を受けた後、9月下旬にも訪米し、オバマ大統領と直接会談をする予定だそうです。
posted by オバマ大統領 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。