2009年01月22日

オバマ大統領のスピーチライター。ジョン・ファヴロー氏について(画像写真あり)

jon_favreau.jpg
画像はオバマ大統領のスピーチライターとして注目されるジョン・ファヴロー氏(Jon Favreau)

昨日の大統領就任演説は期待されたとおり素晴らしく感動的なものであったと世界各国のメディアが伝えています。

そこで注目を浴びているのがバラク・オバマ大統領のスピーチライターです。

オバマ大統領のスピーチライターについては、このブログで「アダム・フランクル」という人物で紹介しましたが、どうもどうも間違えだったのか、最新の情報ではるジョン・ファヴローという27歳の若者だということが分かりました。


このジョン・ファヴロー氏について紹介します。

オバマ新大統領の主任スピーチライターを務めるジョン・ファヴロー氏は現在27歳で、マサチューセッツ州の大学・the College of the Holy Cross卒業後にスピーチライターとしてデビューし、23歳でオバマ氏のライターに抜擢されました。

オバマ大統領との出会いは4年前。
アメリカ民主党大会の舞台裏で、ファヴロー氏がオバマ氏の演説原稿の誤りを指摘したことからだそうです。



23歳という年で的確な指摘ができるとは天才スピーチライターと呼ばれるだけありますね。
逆に言うと、23歳の若者の意見に耳を傾け受け入れたオバマ氏の懐の深さを表したエピソードと言えるでしょう。


ジョン・ファヴロー氏は、感動を与えるスピーチを書くコツについて聞かれると、
「オバマ氏になりきって書くことです。彼の身振り、発声、抑揚なども考慮しながら」
と語り、オバマ大統領の著書「マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝」を肌身離さず持ち歩いていたことも明かしています。
posted by オバマ大統領 at 00:53| Comment(0) | オバマに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。