2008年08月19日

バラク・オバマ氏の大統領選マニュフェスト

大統領候補として、民主党の大統領予備選挙を戦う事となったオバマ氏は、自身の理想とアメリカの未来をどうするかについて、マニフェストを作成し、それを2007年の11月に発表しました。

マニフェストの主旨は、「Change(変革)」でした。

そのマニフェストは、大きく五つに分けられています。

1.インターネットと放送局を通じて、
アメリカにおいて完全無料となる情報交換を確立させる

2.透明でコンタクトのある民主主義の創設

3.通信基盤展開の最適化と奨励

4.技術革新により、山積する問題の解決

5.アメリカの競争力の改善




オバマ氏のマニフェストにはいくつかの意味があります。
しかし第一は政権公約を指します。

オバマ氏は大統領として政治を担うにあたって、どのような方針で、どのような計画を立てているのか、そしてどういった信念を持っているのかなどの意図について、このマニュフェストで克明に公表しました。



近年の政治戦略を見ていると勝者のルールがあるようです。
それは現在の政治における問題点を角が立たずに指摘できて、自分の率直な考えを専門的ではなく、老若男女誰でもわかるようにわかりやすく説明する事です。

分かりやすさ。
これが評を取り込みやすいのです。

そいいった意味でもオバマ氏のマニフェストはシンプルでわかりやすく作られていますね。(シンプル過ぎで何も言っていないとヒラリー氏に批判されていましたが)
posted by オバマ大統領 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。