2011年10月06日

スティーブ・ジョブズ氏の訃報に関するオバマ大統領の声明

昨日、アップル社の創業者で前CEOのスティーブ・ジョブズ氏(年齢56歳)が亡くなりました。

このカリスマ的な経営者の訃報にバラク・オバマ大統領が声明を発表しました。
以下はオバマ大統領の声明の抜粋です。


「彼(スティーブ・ジョブズ氏)は最も偉大なアメリカの革新者の一人で、
大胆にも世界を変えられると信じ、それを実行するのに十分な才能を持っていた」

「地球上で最も成功した企業の1つはスティーブのガレージから始まり、
彼は米国の想像力の精神を体現しました。コンピューターを個人で使えるものとし、
インターネットをポケットの中に入れられるものとしたことで、
彼は利用しやすいだけではなく、楽しくて直感的な情報革命を起こしました」

「世界中の多くの人々が彼の死去を、彼が作った製品によって知ったという事実は、
スティーブの成功に対する最高の賛辞だ」

「世界は偉大なビジョナリーを失った」

「ジョブズ氏の家族、そしてジョブズ氏を愛したすべての人々に想いと祈りを送りたい」
posted by オバマ大統領 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。