2010年07月05日

オバマ大統領、太陽エネルギーに1750億円

2010年7月3日。オバマ米大統領は、週末恒例の国民向けビデオ演説で、
太陽エネルギーによる発電事業を進める2社に対し、エネルギー省が
約20億ドル(約1750億円)の資金供与を行うと発表しました。

グリーン・ニューディール政策を掲げているオバマ大統領。クリーン
エネルギー関連のインフラに巨額の資金を投入が期待される中、今回
の太陽エネルギー事業の会社への資金供与を市場は好意的に受け止め
ているようです。建設に用いる資材の70%はアメリカ製になるという。

ちなみに、今回の財源には、昨春成立した8000億ドル規模の景気対策
の一部を充てるとのことです。
posted by オバマ大統領 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマの政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。