2009年10月09日

バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞

バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞することが決まりました。

ノーベル平和賞受賞理由は
「国際政治の新たな潮流を生み、国連中心の多国間外交を強めた」ということで、さらに「核なき世界へのビジョンは軍縮交渉を鼓舞した」とし、「オバマ・イニシアチブによって米国は世界が直面する大きな課題に挑む建設的な役割を演じている」としています。

現役アメリカ大統領としては初めての受賞だと思います。


911以降の中東とアメリカの対立の最中の2002年には、エジプトとイスラエルの和平合意を取り付けたり共産主義国家である中国と国交を樹立したカーター大統領にノーベル平和賞を贈るなど、ノーベル賞委員会は時に世界世論を方向づけるために賞を贈ると言われています。

今回のオバマ大統領のノーベル平和賞受賞もその意味合いが強く、実に象徴的な出来事になるかもしれません。
posted by オバマ大統領 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ大統領ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。