2011年10月06日

スティーブ・ジョブズ氏の訃報に関するオバマ大統領の声明

昨日、アップル社の創業者で前CEOのスティーブ・ジョブズ氏(年齢56歳)が亡くなりました。

このカリスマ的な経営者の訃報にバラク・オバマ大統領が声明を発表しました。
以下はオバマ大統領の声明の抜粋です。


「彼(スティーブ・ジョブズ氏)は最も偉大なアメリカの革新者の一人で、
大胆にも世界を変えられると信じ、それを実行するのに十分な才能を持っていた」

「地球上で最も成功した企業の1つはスティーブのガレージから始まり、
彼は米国の想像力の精神を体現しました。コンピューターを個人で使えるものとし、
インターネットをポケットの中に入れられるものとしたことで、
彼は利用しやすいだけではなく、楽しくて直感的な情報革命を起こしました」

「世界中の多くの人々が彼の死去を、彼が作った製品によって知ったという事実は、
スティーブの成功に対する最高の賛辞だ」

「世界は偉大なビジョナリーを失った」

「ジョブズ氏の家族、そしてジョブズ氏を愛したすべての人々に想いと祈りを送りたい」
posted by オバマ大統領 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

アメリカが臨界前核実験を実施

オバマ大統領は「プラハ演説」で核なき世界
目指すことを高らかに宣言し、
それが評価されてノーベル平和賞を受賞しました。

また、東日本大震災で原子力発電所の廃絶の
機運すら高まっている今この時に、
アメリカが臨界前核実験を実施したことは
世界中で大きな驚きをもって伝えられています。

アメリカの臨界前核実験についてオバマ大統領の
発言は未だになされていませんが、近いうちに
発言をすることになるでしょう。
posted by オバマ大統領 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

オバマ大統領南米訪問

オバマ大統領が南米に訪問しました。


オバマ大統領は、チリの首都サンティアゴ(Santiago)で
セバスティアン・ピニェラ(Sebastian Pinera)チリ大統領
との共同会見をおこない

「南米と米国とのイデオロギー対立は過去の遺物になった」

「今日の南北アメリカ大陸には、高位のパートナーも
低位のパートナーもない。平等なパートナーだけがあるのだ」


と宣言した。
posted by オバマ大統領 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ大統領ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

オバマ大統領 IT業界の大物と会食

2011年2月17日。オバマ大統領はサンフランシスコで非公式で催される夕食会でIT関連の実業家と会ったそうです。


出席者は以下の通り

・フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ創業者兼CEO

・アップルのスティーブ・ジョブズ会長兼CEO

・グーグルのエリック・シュミット会長兼CEO

・ヤフーのキャロル・バーツ社長兼CEO

・シスコシステムズのジョン・チェンバース会長兼CEO

・オラクルのラリー・エリソン共同創業者兼CEO

・ネットフリックスのリード・ヘイスティングスCEO

・スタンフォード大学のジョン・ヘネシー学長

・ジェネンテックのアート・レビンソン会長兼前CEO

・ウェストリー・グループのマネジング・パートナー兼創業者、スティーブ・ウェストリー氏

・クライナー・パーキンズ・コーフィールド・アンド・バイヤーズのパートナー、ジョン・ドーア氏


今話題のフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏やアップルのスティーブ・ジョブズ氏、グーグルのシュミット氏など、世界のIT産業を牽引している錚々たる顔ぶればかりですね。

技術革新と雇用促進について話を聞いたそうです。








posted by オバマ大統領 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ大統領ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

ギブス報道官が辞任の意向を表明

ギブス報道官


年が明けた1月5日、ホワイトハウスの
ギブス大統領報道官が辞任の意向を表明しました。

ギブス報道官はバラク・オバマ大統領が上院議員だった
2004年からのスタッフで、側近中の側近です。


オバマ政権の風当たりが強くなっている中、
「(ホワイトハウスを)側近ばかりで固めている」
との批判もありました。

今回のギブス報道官の辞意表明は、アメリカ国民に対して
オバマ政権が新体制へ移行したという強い印象を与えるでしょう。
 
posted by オバマ大統領 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

オバマ大統領、太陽エネルギーに1750億円

2010年7月3日。オバマ米大統領は、週末恒例の国民向けビデオ演説で、
太陽エネルギーによる発電事業を進める2社に対し、エネルギー省が
約20億ドル(約1750億円)の資金供与を行うと発表しました。

グリーン・ニューディール政策を掲げているオバマ大統領。クリーン
エネルギー関連のインフラに巨額の資金を投入が期待される中、今回
の太陽エネルギー事業の会社への資金供与を市場は好意的に受け止め
ているようです。建設に用いる資材の70%はアメリカ製になるという。

ちなみに、今回の財源には、昨春成立した8000億ドル規模の景気対策
の一部を充てるとのことです。
posted by オバマ大統領 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマの政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

オバマ大統領のプラハ演説の字幕付き動画

オバマ大統領のプラハ演説の字幕付き動画を紹介します。




2009年4月5日、チェコ共和国プラハのフラチャニ広場にて行われた演説です。

アメリカ大統領が核廃絶へ具体的な目標示した歴史的演説として話題になり、
オバマ大統領のノーベル平和賞受賞の最大の理由とされています。
posted by オバマ大統領 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマの演説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

オバマを大統領にした少年 Chris Hughes



写真はオバマ大統領の選挙活動におけるソーシャルメディア担当だった、
Chris Hughes氏。

ご覧の通り若い。
1983年生まれだそうで、大統領選の当時は25歳だった。

彼はアメリカのコンサルティング会社「invesp」が発表した
2008年最も影響力のあるオンライン・マーケッターで堂々の1位になりました。

一体何者!?当然そう思うかもしれない。

実は彼は世界最大のSNSサービス(mixiとか)のFacebookを立ち上げた一人なんだとか。
なるほど。オバマ大統領は確固たる支持母体が無かったのに一般市民から少額募金などを積み重ねて、結局は莫大な資金を集めた。

オンラインのサイト制作からyoutubeなど最新のメディアを活用したバイラル広告まで、
フル活用した結果、オバマ大統領が生まれた。

実際、彼は「オバマを大統領にした子供(KID)」としてメディアに取り上げられている。



オバマ大統領のスピーチライターだった(現在ホワイトハウスの主席スピーチライター)ジョン・ファヴロー氏(Jon Favreau)も当時27歳でしたが、オバマ大統領は若者に支えられ若者に支持されて生まれた大統領なんですね。
 
posted by オバマ大統領 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

バラク・オバマ 大統領への軌跡

オバマ最終演説

バラク・オバマ大統領を無名時代から密着して追ったドキュメンタリー映画
「バラク・オバマ 大統領への軌跡」がWOWOWで放送されました。

大統領選出馬表明前のオバマ大統領の姿や、出馬表明後の奮闘ぶり。
オバマを支えるスタッフにスポットを当ててインタビューをしていきます。

この映画のクライマックスは選挙戦最終日でのスピーチです。
この日に祖母を亡くしたオバマは彼女を静かなる英雄と称え
大統領選勝利を誓う感動的なスピーチになっています。

(以下、スピーチ内容を抜粋しました)

すでにお聞きの人もいると思いますが、
私を育ててくれた祖母が今朝早くに亡くなりました。

天国へと召されたのです。

彼女の名前はマデリン・ダナム。
静かな英雄の一人でした。

有名でもなければ新聞に名前が載ることもない。

しかし日々懸命に働き家族の面倒を見た。
子供や孫のために尽した。
名誉を求めずただまっとうに生きようと努めた。

この中にもそういう人は大勢いる。
そういう人たちのために私たちは戦っている。

何十年にも及ぶワシントンの失策。
8年間のブッシュ政権の誤った外交政策。

(ブッシュへのブーイング)
ブーイングはいい、投票で意思を示そう。

メーン州から カルフォルニアまで21ヵ月間にわたって選挙戦を
戦ってきたがアメリカがチェンジするまで残すところ1日になった。
1日だ。

明日、私たちはこの国に変化をもたらすことができる。
まずはここノースカロライナからだ。

ともにこの選挙を勝利しこの国と世界を変えよう。

ありがとう。
posted by オバマ大統領 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞

バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞することが決まりました。

ノーベル平和賞受賞理由は
「国際政治の新たな潮流を生み、国連中心の多国間外交を強めた」ということで、さらに「核なき世界へのビジョンは軍縮交渉を鼓舞した」とし、「オバマ・イニシアチブによって米国は世界が直面する大きな課題に挑む建設的な役割を演じている」としています。

現役アメリカ大統領としては初めての受賞だと思います。


911以降の中東とアメリカの対立の最中の2002年には、エジプトとイスラエルの和平合意を取り付けたり共産主義国家である中国と国交を樹立したカーター大統領にノーベル平和賞を贈るなど、ノーベル賞委員会は時に世界世論を方向づけるために賞を贈ると言われています。

今回のオバマ大統領のノーベル平和賞受賞もその意味合いが強く、実に象徴的な出来事になるかもしれません。
posted by オバマ大統領 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ大統領ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。